header KEECトップ > お客様向けサービス > 電気設備工事 > 配線設計・容量計算・CAD

配線設計・容量計算・CAD 換気風量計算・冷暖房付加計算・照明プラン

 テクノロジーの発達した現代においては、電気設備は、我々の生活には欠く事の出来ない設備となりました。そのような電気設備を我々人間にとって、効率よく安全・快適なものとするためには、その用途に合った電気設備の計画・設計を行うことが必要となります。

 電気設備設計は、配線設計・回路設計・容量計算を基礎設計として全体設計されます。建築物または工作物等で使用される照明器具・電気製品・電気機械・電化機器などの個々の容量及び設備全体の容量を計算し、そこから分岐回路や幹線設備を構成した上で、建築物や工作物に適した配線設計が行われます。
もちろんそれらは、電気設備基準に適合した安全確実なものでなければならないのです。

 弊社では、電気設備設計作業にCADシステムを採用させていただいております。CADは、コンピュータを利用して設計・デザインするシステムで、正確な製図作業が可能であり、また、編集が容易であるなどの特徴を持ったコンピューター設計作図支援システムです。
電気設備設計は建築設計図をもとに作図するケースが多く、様々な種類の建築系cadソフトに対応する必要があります。そのようなお客様の多様なニーズにお答えするため、弊社では、多様なソフトによる作図に対応させて頂いております。なかでも、建築分野で多く使用されるAuto cad、VectorWorks、JWCAD、ARCDRAW、DRACADなどを利用した作図が可能となっております。また、照明器具の配光パターンの作成には、3DグラフィックソフトShadeを採用しております。

 T.住宅配線設計
 住宅の電気配線設計において重要なことは、その住宅の建築構造様式や仕様を含めた建築設計を考慮し、その住宅に住まわれる方の生活やライフスタイル・家族構成に合った設計を行ういうことです。
当社では、施主様のご意見やご要望を伺い、建物の構造・家族構成・生活スタイルを十分吟味した上で、最新の電気設備の中から、 もっともお客様にふさわしいと思われる安全快適かつ魅力的な住宅電気設備をご提案します。

 U.アパート・マンション・集合住宅配線設計
 アパートやマンションに代表される賃貸型集合住宅の電気設備設計において重要な要素は、経済性と快適な電気設備とのバランス、つまりコストパフォーマンスにあると言えるでしょう。
また、分譲MSなどの定住型集合住宅における重要な要素には、上記のコストパフォーマンスに加え、居住者の個性をどれだけ反映できるかという要素も加わります。
当社では、上記のような集合住宅に居住者が出来るだけ長く快適に住んでいただけるように、コストパフォーマンスに優れた最新の電気設備をご提案します。

 V. 店舗・テナント・商業施設配線設計
 店舗や各種テナントに代表される商業施設にとって一番大切なことは、そこに訪れるお客様に、その施設の商品やサービスをいかにショウアップ出来るかということです。
当社では、照明器具などの視覚的効果によりその商品やサービスの魅力を高め、空調・暖房・換気設備など環境面においてもその施設の快適性を高められるよう電気設備設計を通じてお客様のご提案をさせていただきます。

 W.工場・倉庫・工業施設配線設計
 工場・倉庫・工業施設などで、一番留意しなければならないのは、安全性および生産性です。
上記のような工業施設で使用される生産機械等の電動機器等への電力供給はもとより、生産性や安全性を高めるための照明・環境・空調設備を設計しなければなりません。
当社では、お客様の施設を分析検討し、電力会社との電気契約で最善のものを提案させていただくとともに、安全性に優れ、生産性に大きく貢献できる最新の電気設備をご提案します。

 我々人間にとって欠くことのできない空気、その空気の調和を行うのが換気です。そのような換気を考えるということは、我々人間にとっての健康を考えることと同意に等しいといっても決して過言ではありません。
当社では、建築基準法改正に伴って改正された換気に対する基準を遵守することはもちろん、そこに生活される人間にとって快適かつ健康的な換気設備をご提案します。

 空気調和にとって、我々人間生活にとって、換気とともに重要な要素が冷暖房です。従来、温暖地域では、夏場に冷房、寒冷地においては暖房というように、地域や季節にとって冷暖房に対する考え方は偏っていました。しかし、近年、地球温暖化などによって寒冷地でも冷房の必要性が増し、また、温暖地域においても寒冷地域で採用される効率的な暖房機器の採用がみられるようになってきました。 当社では、お客様の建物や施設にあった機器を冷暖房負荷計算をすることによりご提案します。

 照明器具は、今日では、我々人間生活に欠かせない設備となりました。住宅などで我々人間の生活を支え、商業施設などで、商品やサービスをショウアップさせ、工業施設などで使用される照明などは、われわれ人類の生活基盤や技術革新を下支えしている重要な設備のひとつといえるでしょう。
当社では、国内外の様々な照明メーカーの製品からお客様のニーズにあった製品を選別し、快適な「あかり」空間をご提案します。

興和電設株式会社
ADDRESS:〒003-0833 札幌市白石区北郷3条3丁目1−6 興和ビルディング
TEL:(011)873−2671 FAX(011)873−3333 E-MAIL:refer@keec.co.jp URL:http://www.keec.co.jp/ SHOP : http://www.rakuten.co.jp/lumiere10/

フッターメニュー