header KEECトップ > 法人のお客様向けサービス > 空調・換気扇設> 業務用換気扇

業務用換気扇 事務所・店舗用換気扇・熱交換機ユニット・有圧扇・分煙機器

 建築基準法の改正により、住宅に換気設備の設置が義務付けられることになりました。また、住宅の高気密・高断熱化に伴い、快適な「住空間」を築くには、「換気」が重要な要素となりました。これからは、各部屋単独の換気ではなく、「計画的な換気」を取り入れる必要があるといえるでしょう。

 居住空間における換気の要望が高まる中、様々な新しい機能・デザインの換気扇が登場してきています。住宅全体を小風量で24時間換気することで汚染物質を排出し、いつもクリーンな状態に保つ24 時間換気システム、冬季の湿った空気を外に追い出し、乾燥した外気を取り入れ、お部屋の湿気を取り除くロスナイ、人感センサー・温度センサーなど様々な機能を持ったパイプファン・ダクトファン、居住空間の空気の流れを操作することにより冷暖房効果を高めるシーリングファンなど、当社では、お客様の要望・ご意見を伺い、お客様に最適な換気扇・換気プランをご提案します。

 店舗・事務所など高いインテリア性と大風量の換気ニーズにお応えする業務用有圧換気扇を始め、業務用・産業用分野の大空間から小空間までの多彩な換気ニーズに対し、デザイン性・施工性に優れた商品の提案・見積・施工まで承ります。

 ビル暖房は、空気を直接暖めて、送風機を利用しダクトを通して室内に送るか、蒸気または温水を媒体にして放熱器から放射させるものが一般的です。

 換気扇は大別してプロペラファンと有圧換気扇などに分類されます、プロペラファンは、台所などの外壁に直接取り付けて使用される一般的な換気扇。有圧換気扇は、力強いモーターを使用したもので、エレベーター機械室などに使用されています。換気は、屋外に出ていく排気量と同じだけの量の空気が給気(外気から取り入れ)されないといけません。給気口の大きさは一般的には換気扇の取り付け面積よりも大きくするとされています。理由は換気扇が排出する空気量に見合う外気を導入するためです。取り入れ面積が大きいほど、入ってくる風速が弱く、風が感じにくいのもあります。給気口の位置も換気扇からできるだけ遠くに設けるほど、よく換気します。

 気体に圧力を与え、これをダクトやパイプによって送り出す機械をいい、 低圧用をファン、高圧用をブロアといいます。また羽 根車に対する空気の流れ方によっ遠心式と軸流式に分かれ、遠心式には、多翼送風機、リミットロード 送風機、プレート送風磯、ターボ送風機などがあり、軸流式には、プロぺラ送風機、軸流送風機などがあります。

 空気清浄機の考え方は、部屋全体の汚れた空気を時間をかけて清浄するのに対し、分煙機器は、煙の集中するところに空気清浄機を設置し、集塵効率を高め、非喫煙者への煙の干渉を減らすものです。近年、他人の煙草の煙を吸わされる「受動喫煙」による非喫煙者の健康影響が様々な研究機関・団体により報告されています。このような 中、オフィス内の喫煙対策として分煙化を検討している企業は年々増加 しており、分煙機器の市場も同様に拡大傾向にあります。分煙化の市場が拡大するにつれて、性能や省スペースに対する 顧客の要望は益々高まりつつあります。

興和電設株式会社
ADDRESS:〒003-0833 札幌市白石区北郷3条3丁目1−6 興和ビルディング
TEL:(011)873−2671 FAX(011)873−3333 E-MAIL:refer@keec.co.jp URL:http://www.keec.co.jp/ SHOP : http://www.rakuten.co.jp/lumiere10/

フッターメニュー