header KEECトップ > お客様向けサービス > エコ商品 > ヒートポンプ暖房・エコキュート

ヒートポンプ しくみ・特徴・メリット

 空気の熱を使ってお湯を沸かすエコキュートは、環境にやさしい自然冷媒(CO2)を活用したヒートポンプ技術により、空気熱を取り込む際に電気を利用するだけ。使用する電気の3倍以上の熱エネルギーでお湯を沸かすので、高い省エネルギー性を誇ります。だからCO2排出量も大幅に減少します。

 ヒートポンプ式暖房は、燃料から熱をつくるのではなく、自然の大気から熱エネルギーを吸収し、それを屋内に移動させて暖房に利用するというサイクルを繰り返すしくみになっています。まさに「大気の熱のリサイクル」。化石燃料を燃やしてつくるエネルギーは、消費してしまえばそれでおしまいですが、ヒートポンプ式暖房は、システムの動力源に電気を使い大気の熱を移動させるだけなので、エネルギーの大部分を「使い捨て」にしない優れた技術といえます。

T.住宅配線設計
 環境を考え開発されたヒートポンプ式の家庭用給湯システムのこと。「エコキュート」という名称は商品名ではなく、電力会社や給湯機メーカーが「自然冷媒ヒートポンプ式電気給湯機」を総称する愛称として使われているので、カタログ などを見るとわかるように、さまざまなメーカー商品についています。この「エコキュート」は、世界初の家庭用自然冷媒(C O2)給湯機。東京電力がデンソーと電力中央研究所とともに開発し、それを受けて各メーカーが開発・販売を進めているのです。

U.ヒートポンプ給湯器の仕組み
 エコキュートは室外機で大気を取り込み冷媒となるCO2が大気中の「熱」を吸収します次に熱を含むCO2はコンプレッサーで圧縮され「高熱」になり、高熱となったCO2は熱交換器へ送られます。熱交換機で水に熱を伝え熱を排出したCO2は拡張弁へCO2は拡張弁で膨張し(膨張させるとCO2は外気温より低温になるため、空気中から熱を吸収しやすくなります。)再び大気から熱を吸収します。

V. エコキュート導入メリット
 エコキュートは、ヒートポンプ技術を使って「空気の熱」を利用してお湯を沸かす新しい給湯器です。エネルギー消費効率がこれまでより3倍程度と高い(COP※=3.0以上。圧縮機への電気入力1に対し、大気熱を効率よくくみ上げることで3以上の出力が得られる)ため、従来の給湯器に比べ3分の1のエネルギーでお湯を沸かすことができます。火を全く使いませんので、ご家庭でのCO2排出がなく、イヤな臭いもありません高効率で、割安な夜間電力を利用家計にもうれしい給湯器。ラニングコストはガス給湯器の約1/6エコキュートは、省エネ効果の高い給湯器として、導入支援のために国からの補助金が受けられます。

W.エコキュートの特徴
・コンプレッサーで大気の熱を汲み上げ、給湯の熱エネルギーをつくるヒートポンプシステムなので、使用する電気エネルギーに対して約3倍の熱エネルギーを得ることができます。

・ヒートポンプシステムの冷媒としては、従来のフロン系冷媒ではなく、自然界に存在するCO2(二酸化炭素)を使用するため、オゾン層破壊や温暖化ガス排出の抑制につながります。
・昼間よりも割安な夜間電力を使用し、効率的なヒートポンプシステムと組みあわせることでランニングコストを低減できます。

X.環境に対する配慮
 ヒートポンプ式は大変高効率で大気中の熱を集め従来の燃焼式給湯器と比較しても約30パーセントの省エネルギー効果が期待でき、エネルギーを消費するときに排出するCO2を約50パーセント削減することができます。「京都議定書」で示されているように、日本は2010年までに、温室効果ガスを1990年比で6%削減しなくてはなりません。 しかし現状は約8%も上昇しており、目標達成は難しい状況です。 エコキュートは環境性が高いことから、国も「京都議定書目標達成計画」にエコキュートの普及目標台数を盛り込み、導入補助金を交付するなど、エコキュートの普及に力を入れています。

Y.維持メンテナンス
 特別なメンテナンス作業は無く、2〜3ヶ月に1度逃し弁と漏電ブレーカーの動作確認、タンク内の貯湯水の排水など簡単なお 手入れでOKです。

興和電設株式会社
ADDRESS:〒003-0833 札幌市白石区北郷3条3丁目1−6 興和ビルディング
TEL:(011)873−2671 FAX(011)873−3333 E-MAIL:refer@keec.co.jp URL:http://www.keec.co.jp/ SHOP : http://www.rakuten.co.jp/lumiere10/

フッターメニュー